スタッフの声 voice

私の中の可能性を開いて。
達成し続ける目標、叶い続ける夢。

沖田 有加 (手もみ屋本舗 アミュ表町店)

前職は熱血体育教師!
セラピストに転身した理由とは。

入社してもう5年目になります。前職は体育教師でした。熱血体育教師です!それが何故セラピストになったかというと、まず体育教師を辞めた理由が、バレーボールを本気でやりたかったからなんです。人生一度きりなんだら挑戦しよう!と決心して、強いバレーボールチームのある岡山市内への移住することにしました。
家探しをするために岡山市に来ていた時、教師を辞めることは決めていたけど次の仕事は決めていなかったので、コンビニでぱらぱらと求人誌を眺めていたんです。そうしたら、『自分の手で人を喜ばせる、頑張った分だけ収入になる』と書いてある求人が目に留まって。「これだ!!」と直感しました。それが手もみ屋本舗との出会いでした。

photo2

思ったよりもずっと稼げる?!
熱い思いを持って東奔西走した日々。

面接の時に希望収入を聞かれて、とりあえず家賃や光熱費が払えればいいかな、という金額を答えたんです。でも面接官の方からもっともっと稼げるよ、という話を聞いてすごくワクワクしました。
入社してからは、教師を辞めてしまいもうここで頑張るしかない、絶対稼いでやる!という決意をもって仕事に臨みました。入社後2か月半で青江店の店長になり、その後は青江店と表町店の店長を掛け持ち、そこから更に別の店舗の店長を掛け持つという、3店舗の店長を兼任しました。また、新店舗の立ち上げにも携わり、トレーナーとして鳥取県、兵庫県、秋田県と…まさに全国を飛び回って仕事をしていましたね。
初めての立ち上げは、現在私がオーナーをしている表町店だったんです。社長に「自分のお店だと思ってやってみろ」と言われました。この言葉がずっと心に在って、どこのお店を立ち上げる時も、沢山の人に来てもらって喜んでもらえるお店にしよう、ということを強く意識していました。
印象深いのは、旗ヶ崎店の立ち上げです。店舗にて研修もしましたし、最も長い期間駐在した場所でもあるためです。一緒に立ち上げたオープンスタッフさんと2人で記録的な売り上げを叩き出したことも自信になりました。人数は少なかったけど、熱い思いをもってやれば結果が出ること、人が引き寄せられるということをすごく実感しました。

photo3

セラピストの醍醐味。

お客様との嬉しいエピソードも沢山あります。
青江店時代に一度だけ施術したお客様が、表町店のオーナーになってから3年ぶりに指名で来てくれて、その後表町店に通うようになってくれたこと。「沖田さんが本当に気持ち良くしてくれたのが忘れられなくて」というお言葉を頂いて、感激しました。
いつもカップルで来てくださるお客様に、「他店舗にも行ったことはあるけど、表町店は本当に癒されるんだよね」と言われたこと。
お客様が施術中ぐっすりお休みになって、笑顔で帰ってくれること。
お客様のリピートがどんどん増えること…。
思いがお客様に伝わっているなあと実感出来て、本当にこのお仕事をやっていて良かったと思えます。セラピストの醍醐味ですね。

photo1

私の中の可能性を開いて。
達成し続ける目標、叶い続ける夢。

5年間頑張ってこれたのは、こんな自分に事業本部のみんなが「沖田さんにはもっとやれる才能があるんだよ!」と言葉を掛けてくれて、そして挑戦したら実際にやれて…という、可能性を引き出してくれて、可能性を見つけさせてくれたからじゃないかと思います。今までの私はいつも3年で仕事を辞めてたんです。(笑)
楽しくないと続けられない。手もみ屋本舗では、毎日の楽しさとか、一つ目標を達成してもまた次の目標を見つけられるから、続けられているんですね。
車を買うという目標、トレーナーになるという目標、オーナーになるという目標、ハワイに行くという目標、欲しい服を買うという目標…これまで立てた目標で、自分自身の目標なら達成したものが沢山あります。
でもお店の目標はまだまだです。これから絶対、掴みに行きます!!

photo5

手もみ屋本舗の新しい仲間へ!
経験したからこそ伝えたい事。

応募してくださった方と面接する時に心がけているのは、「4,104円払ってこの人に施術してもらいたいか?」というところを視ることです。そして、手もみ屋本舗やリラクゼーションという仕事について、どういった思いを持って来てくれたのかも大事にしています。
私は技術が全てではないというスタンスで、技術的に悩んだことはあまりなかったのですが、それでも逆境とか壁にぶつかったことは沢山ありました。私には「諦め癖」があったんです。ちょっとダメだったらやめようって思う人間だった。だから自分の言動に自信がなかったんです。
でも、手もみ屋本舗に入って、「どんな環境でも泥臭く頑張って続けていれば、結果がついてくる!」ということがわかった。全国を回って、どんなお店でも結果を出すことが出来たから、私はそれを人に伝えることが出来るんです。

今後の野望!夢は豪華に!

今後の野望は、今の3倍の売り上げが出せるお店にすること!!
そうなった暁には、「今現在の頑張り」を旅行に行ったり服を買ったりといった形で還元して、豪遊したいですね。(笑)
表町店のスタッフにも、ここまで頑張ったらこんなにリッチで楽しい経験が出来るんだよ、ということを経験させてあげたい。表町店ならではの売り上げ目標を立てて、それに対する対価をスタッフに還元して、ここで働いたらこんなに楽しいことが出来るんだ、豪華なことが出来るんだ、という夢を見せてあげたいと思っています。
スタッフみんなで旅行に行きたいところも沢山あるんですよ。大阪へ行ってなんばグランド花月へ行ったりUSJへ行ったり、沖縄へ行ったり…。一番興味があるのは星野リゾートさんです。こういった仕事をしているからこそ、接客やおもてなしが素晴らしい旅館やホテルに、スタッフみんなで泊まってみたいですね。きっと得られるものが沢山あると思うので。

photo4

profile:

沖田 有加
平成24年4月4日 入社
手もみ屋本舗 アミュ表町店 オーナー

実際に応募してみる

スタッフの声 一覧へ戻る

日本リラクゼーション業協同組合加盟「手もみ屋本舗」が選ばれる理由

西日本でも屈指の店舗数とお客様満足度で
高評価されている「手もみ屋本舗」。
なぜ「手もみ屋本舗」はお客様から選ばれるのか、
その具体的な根拠を現場の声を通じてお伝えします。

詳しく見る