スタッフの声 voice

就職活動で大事にしていたのは
「成長できるかどうか」だった。

寺坂 洋美 (ミツバファクトリー 新卒社員)

就職活動で大事にしていたのは
「成長できるかどうか」だった。

ミツバファクトリーを知ったのは合同説明会です。手もみ屋本舗のことは知っていたんですが、ミツバファクトリーはそこで初めて知りました。ブースは明るい印象を受け、声をかけていただいたので話を聞きました。そこでは会社や仕事の話というよりは、就職活動のアドバイスを頂いたように思います。
何社か受けた中でミツバファクトリーを選んだ決め手となったのは、手もみ屋本舗が主力事業でありその内容に興味があったことと、就職活動をする中で大事にしていた「成長できるかどうか」という点で、この企業はすごく成長できそうな環境だという印象を受けたからです。

厳しい研修を努力で乗り越えた!

入社前の研修は、本当にきつかったです!テキストに書いてある内容を1、2日で覚えなければならなかったのですが、全然覚えられない…。それで3日目くらいに、トレーナーからキツイことを言われました。「まだ覚えられないの?」みたいな。もうすごっく悔しくて、その日から寝る前に復習をし、朝起きたら復習をし、通勤時間中は自転車を漕ぎながら頭の中で復習をするようになりました。するとその次の日に、トレーナーに「すごく覚えてきたね。よっぽど悔しかったんだね」と言われて、「悔しかったです」と。(笑)このことが、時間をかけてしっかりやれば出来るようになるという、自信につながりました。

photo3

入社後は新規店舗で切磋琢磨の毎日。
実際、様々なことに挑戦出来ている!

現在は新しくオープンした岡北店に勤務して現場経験を積んでいます。他の店舗と違って、何も無いところから私達で作り上げていくのは楽しくもありましたが、お客様が来てくれるか不安でした。また、自分達で全部準備することの大変さを知りました。
今は毎日10時~22時のシフトに入っていて、施術の他に空き時間にはポスティングやその準備等をしています。自分が配ったチラシを持って来てくださるととても嬉しいですね。チラシを見たという電話での問い合わせもよくあるので、ポスティングの効果を実感しています。
入社する前は不安しかありませんでした。社会人経験も初めてですし、これからどうなるんだろうとか、お客様に直接対する仕事でやっていけるかとか、会社についていけるかとか、他の新人と比べられるんじゃないかとか…。入社した後も、最初はどう動いていいかわからず他人の目ばかり気にしていました。
でも、岡北店のスタッフはすごく良い方ばかりで過ごしやすい店舗なので、徐々に自分の出来ることから自然体で取り組めるようになっていきました。
色んなことに挑戦できる会社だと聞いて入社したのですが、逆に初めから色んなことを任されてプレッシャーに感じることもあります。(笑)ですが任されることが多い分、本当に色んなことに挑戦出来るというのが実感できます。

photo1

徐々に仕事が楽しくなってきた!
可能性を広げて、未来が広がる。

息抜きは、とにかく寝ること!帰ったらそのまま寝てしまうこともあります。(笑)やはり、家に帰ると落ち着きますね。休みの日はショッピングに行ったりして仕事から完全に離れることもあれば、他社のリラクゼーションや整体に行ったりすることもあります。自分も気持ちいいですし、勉強になりますね。
大学の頃は専業主婦になりたいと思っていましたが、今はそう思わなくなりました。実際に働き出すと、社会と接点を持ち続けていたいという思いが出てきたのと、徐々に働くことが楽しくなってきたということがあると思います。
この会社は、自分の可能性を広げられる会社だということを自分で実感しています。今後も今まで出来なかったことがどんどん出来るように、出来なかったことや苦手なことを乗り越えていきたいです。

photo2

profile:

寺坂 洋美
平成28年4月1日 入社
ミツバファクトリー 新卒社員

実際に応募してみる

スタッフの声 一覧へ戻る

日本リラクゼーション業協同組合加盟「手もみ屋本舗」が選ばれる理由

西日本でも屈指の店舗数とお客様満足度で
高評価されている「手もみ屋本舗」。
なぜ「手もみ屋本舗」はお客様から選ばれるのか、
その具体的な根拠を現場の声を通じてお伝えします。

詳しく見る